Magicpot
いまはむかし
Categories: 社長日記

よっしゃ島津で天下布武するぜい、と歴史ゲーを新規スタートするがいつも5分で終了。

なぜだろう?
そういえば自分の満足いく歴史ゲーが作りたくてゲーム業界に入ったのだったな。

ここ10年ぐらい歴史について積極的には触れていない。
歴史系漫画を読んだり、大河をチラッと横目で見たりぐらいで
趣味半分ではあったが歴史ゲーを創るために買いあさってた
大量の歴史本も九割以上処分してしまった。

好きで、調べて、知って、また好きになる。
今までの人生で歴史は最も時間を費やしたカテゴリーだ。

近頃は歴女なんて言葉もできて
ちょっとナウい側面も出てきたかもしれないが
あくまで、根本的に、地味な趣味には違いない。

駆け出しの企画マンで右も左も分からないのに戦国ゲームを任されて
外注のプログラマさんやデザイナさんに怒られ悔し涙を流してたのが懐かしい。
とりあえず歴史への情熱だけで乗り切ったと言える。
当時のゲームへの情熱はい今とは趣きが違ったものだったが。

今、本能寺の変が俺ブーム。今更、本能寺。
本能寺関連だけ調べてる。

本能寺の変の謎解きというよりは信長の死で影響を受けた人々の考察が面白すぎる。
しばらく歴史に興味を失せていたのに、いつのまにか別の視点で歴史に臨むことができるようになっていた。
これも年の功というやつかね。

史家は
歴史は勝者の歴史であり、それもまた実際の出来事の一部に過ぎない、と力説する割に
結構、限られ残された情報だけで断定調だったりする。
今の自分が歴史のプロを目指すなら全ての事柄に「かもしれない」を付けてしまいそうだ。

とにかく歴史を紐解くのはやっぱり面白い。
しばらく本能寺前後の年表を作るだけで一心不乱に癒されそうだ。

ここまで書いて思い出したが
艦これを忘れてたよ。あれも歴史ですな・・近代史。
ゲーム的にはブームは過ぎてログインしない横鎮提督だけど
色々と興味深いよねえ、あれ。
近代史はそんなに好きじゃなかったけど、艦これのお陰でとてつもなく好きになったよ。
厳密に言うと現代史につながる近代史かな。艦これ、ありがとう。

話を最初に戻すと、
なんで歴史ゲーに没入できなくなってきたかを分析するに
どうやら世界把握の欲求がズレてしまうと不安になる。
ということらしい。

スタンドアロンの麻雀ゲーで
清一配牌じゃないとリロードしてしまうような俺だから
それに通じているヌルさを感じる。

自分で創るゲームは、そういう側面で判断しなくても良い状況を
自然と発案、仕様化しているような気がするんだな・・積極的な逃げみたいな?

ゴールは同じでもルートは違う。
違うことを受け入れることが重要なのかもしれんのだが。

歴史ゲーのゴールとルートが何なのかも判然としない中で
漠然と「面白いゲーム」を考えるって、なかなかシンドイことだ。
と今更ながら思考の回廊に囚われていく自分を意識してしまうのだが、
なんだかカオスで楽しくなってくるのも確か。

虫食いだらけの情報で構築する世界・・
それを継ぎ当てするのも悪くないかもな。